ガラスレンズのメリット

熱に強く傷も生じにくい

メガネレンズは軽くて割れにくいことを理由にプラスチック製が主流になっていますが、ガラスならではのメリットがある事実は無視できません。ガラスレンズのメリットとして熱に強いことが挙げられます。プラスチックならすぐに溶けてしまう温度でも、ガラスならほぼ無傷の状態を保つことが可能です。そのため、溶接作業など高温の火花が生じる場所ではガラスレンズが便利と言えるでしょう。また、傷が生じにくいのでレンズに汚れが付着した場合は入念に洗うことができます。市販のタオル程度の固さならレンズが傷んでしまう心配はほとんど無いと言えるでしょう。もちろん、メガネ用のシートを使うのに越したことはありませんが、手元に無い場合はタオルで拭いても問題はありません。

レンズを薄くできるうえに透明度が高い

ガラスがメガネのレンズに向いている理由として薄さがあります。同じ度数の場合、プラスチックと比べるとガラスは約半分まで薄くすることが可能です。レンズが厚くなると渦を巻いているように見えますが、ガラスレンズはそのような現象が起こるほど厚くならないことが多いので、見栄えの良い状態を保つのに最適と言えるでしょう。また、ガラスはプラスチックよりも透明度が高いので、目元を明るく見せる効果があります。視界もクリアになるので目が疲れにくく、細かい作業に従事するなど集中力が求められる場ではガラスレンズが便利です。ガラスはやや重たいので長時間の使用には不向きですが、精密機器の組み立てなど細かい部品を多く扱う作業には役立つと言えます。